2021年C-HR|ディスプレイオーディオをミラーリングする方法3選【iPhoneユーザー必見】

NEWS

2021年C-HR|ディスプレイオーディオをミラーリングする方法3選【iPhoneユーザー必見】

出典:トヨタ自動車より引用

 

トヨタのSUV人気車「C-HR」

 

マイナーチェンジとともにディスプレイオーディオ化された。

 

ディスプレイオーディオは、通信するクルマとしても評価が高い。

 

トヨタのディスプレイオーディオは、今様々な車種で搭載されている。

一番の特徴はスマートフォンとの連携だ。

ケーブルを繋げれば、iPhoneであればApple CarPlay、androidだとAndroid Autoそれぞれのカーナビアプリでナビや音楽などのアプリをディスプレイオーディオで使用できる。また、Miracast対応でスマホの画面をディスプレイオーディオに映すこともできる。

 

一見便利そうに聞こえるが、実は大きな落とし穴がある。

それは、Miracastが使えるのはandroidのみ

更に最新機種だと繋がらないケースが報告されている。

 

トヨタスマートデバイスリンクは、対応アプリが少なく接続に時間がかかる。

使ってみて分かる「ディスプレイオーディオの欠点」

これらをなんとかカバーするためには、スマホの画面を映し出すしかない・・・この記事では筆者がおすすめするスマホのミラーリング方法を3つ分かりやすく解説する。ただし、ルーミー・ライズは対応できないのでご了承いただきたい。

 


TOYOTA C-HR CHR専用 オートブレーキホールドキット
6,980円

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
タカシン

陰キャな性格なのにカーディーラーの営業マンに・・・
売り込まないセールスで支店長まで登りつめる。20年以上培った営業とクルマの知識を活かして、役立つ情報を発信中。

タカシンをフォローする

ディスプレイオーディでミラーリングさせるには?

ディスプレイオーディでミラーリングさせるには以下の手順が必要となる。

  1. スマホからHDMIで映像を出してくる
  2. HDMIをRCAに変換する
  3. ディスプレイオーディオに入力する

この3つの手順を可能にする製品が3社から出ている。価格も含めてご紹介する。

Beat-Sonic

ビートソニック ディスプレイオーディオ用 外部入力アダプター AVX02 トヨタ アルファード/ヴェルファイア/カムリ/カローラ/カローラスポーツ/カローラツーリング/C-HR/ヤリス/グランエース/ハリアー/RAV4

30,800円

ビートソニック IF36 インターフェースアダプター

13,200円


ビートソニック ハイスピードHDMIケーブル 標準タイプAオス 2m HDC2A
1,760円 

出典:BeatSonicより引用

フジ電機工業


フジ電機 Bullcon マジコネ 【トヨタ】ディスプレイオーディオ用 VTRハーネス(テレビング 切替機能付) AV-V05TM
27,872円

フジ電機 Bullcon マジコネ 【トヨタ】ディスプレイオーディオ用 HDMI変換ユニット AV-HDM01

9,264円

出典:フジ電機工業株式会社より引用

データシステム

データシステム(Datasystem) ビデオ入力ハーネスキット(TV-KIT機能あり) VIK-T73
19,358円

データシステム ( Data System ) HDMI接続アダプター (iOS端末用) HDA433-A
6,330円

出典:データシステムより引用

iPhoneと繋げるために

iPhoneからHDMIで出力させるため「Apple製ライトニングデジタルAVアダプター」はどのメーカー製で付けるにしても必要。

Apple Lightning – Digital AVアダプタ

5,778円

また、Lightning USBケーブルも必要。充電で使用しているものでも可。

androidならスマホからHDMIに変換するものもご用意いただきたい。

 

尚、データシステムのHDMI変換アダプターならandroid用もある。

まとめ

取り付けはそんなに難しくはない。しかし、不安な方はディーラーもしくは自動車整備工場にお願いしてみよう。

さて、3社の比較だが、

合計価格

  • BeatSonic   45,760円
  • フジ電機工業  39,280円
  • データシステム 29,600円

価格面は圧倒的に「データシステム」がお得だ。しかもTVキットも内蔵されている。他の2社は走行中にTVやミラーリングした映像を見るためには別途キットの取付が必要だ。価格はAmazonで調べているが、データシステムは定価より安くなっていることも見逃せない。他の2社は定価で出いている。

取付

各社の取付イメージを参考にしてもらいたいが、すっきり取付できるのは「BeatSonic」だ。基本的に

  • HDMIからRCAに変換
  • RCAをディスプレイオーディオに入力
    ※「BeatSonic」はHDMIケーブルが別途必要

この二つの製品が必要で「HDMIをRCAに変換」するキットの給電に「BeatSonic」は電源直結、他の2社はUSBケーブルを使用している。そのため、他の2社は、室内の見えるところにかなりの配線が出てしまうことになる。

すっきり収めたいなら「BeatSonic」がオススメだ。

ちなみに「HDMI⇒RCA変換」や「Apple製ライトニングデジタルAVアダプター」はここで紹介したもの以外にAmazonでもかなり安く商品がある。しかし、画像の悪さやスマホを充電しながら使えないなど色々な弊害があるのでオススメしない。

 

 

結 論

筆者おすすめは、

ディスプレイオーディオ入力

データシステム(Datasystem) ビデオ入力ハーネスキット(TV-KIT機能あり) VIK-T73

19,358円

 

HDMI⇒RCA変換

ビートソニック IF36 インターフェースアダプター

13,200円

 

このセットで、快適なディスプレイオーディオライフを送りましょう。

 

損・それともお得?|トヨタのサブスク【KINTO】どんな人にメリットがあるのか?

 

NEWSクルマの買い方
人気記事はこちら
人気のカローラクロスを一番お得に手に入れる方法はどれ?現金払い・残クレ・KINTOを徹底解剖!新しい買い方をしっかり理解して、格安でカローラクロスを手に入れよう。
タカシンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました