ヤリスクロス|絶対必須!寒冷地仕様とオススメオプション

アフェリエイト広告を利用しています。
トヨタ
この記事は約9分で読めます。
ヤリスクロス

トヨタ自動車

トヨタの大人気SUV「ヤリスクロス」

新車購入で一番の悩みは・・・

 

オプションに何を選べばいいのか?

カタログを見ても、よく分かりませんよね

最近のクルマは、自動ブレーキなどの安全装置もこまかくオプションになっていたり

オーディオ部分も「ディスプレイオーディオ」になってて本当にややこしいです

何を選べばいいんだろうか、判断しにくいと思います

この記事では、トヨタの大人気SUV「ヤリスクロス」で絶対つけておいた方がいいオプションについて詳しく解説します

後付けできないメーカーオプションは、特に必見です

これを見れば、あなたもオプション選びで悩むことはなくなり、最高のヤリスクロスを手に入れることができます

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
タカシン

陰キャな性格なのにカーディーラーの営業マンに・・・
売り込まないセールスで支店長まで登りつめる。20年以上培った営業とクルマの知識を活かして、役立つ情報を発信中。

タカシンをフォローする

メーカーオプション編

絶対失敗が許されない「メーカーオプション」

これは新車が出来上がったあとから変更ができないオプションです。

工場で組み立て時に取り付けるので、納車後に付けるとなるとほとんどが付けられない、もしくは出来たとしても価格がオプション価格より2~10倍ほどかかってしまいます。

寒冷地仕様

ヤリスクロス寒冷地仕様
グレードHEVGAS
25,300円31,900円
25,300円31,900円
X(X-B)23,100円29,700円

これは絶対に付けてほしい、イチオシのオプションです!

カタログには「寒冷地仕様(ウィンドシールドデアイサー+ヒーターリアダクト+PTCヒーターなど)と記載されていて詳しく記載されてません。

装備標準仕様寒冷地仕様
冷却水(LLC)LLC30%LLC50%
フロントドアガラス撥水機能なし撥水機能あり
ウィンドシールドデアイサーなしあり(タイマー付き)
ウィンドシールドワイパー標準仕様寒冷地用(モーター)
ドアミラー標準仕様ヒーター付き
フロントヒーター補助ヒーターなし補助ヒーターあり
ヒーターリアダクトなしあり
オルタネーター80A100A

凄くないですか?あの価格でここまで付いてきます。ここからは、分かりにくい変更箇所を詳しく解説していきます。

ウィンドシールドデアイサー

図1のフロントガラスの線が引かれた部分に熱線が入ります。

このような状況の時に、ワイパーゴムを痛めることなく霜や氷を融かすことができます。また、意外に便利なのがドアミラーヒーターです。寒い時だけでなく雨の日の曇りにも使え、安全な運転に役立ちます。

ヒーターリアダクト

後ろ乗ってみないと分かりませんが、外気が氷点下ぐらいになってくると室内の足元はかなり冷え込みます。リアダクトがあるのとないのでは大違いです。暖かい空気は上へ上へと移動しますので想像つきますよね。

PTCヒーター

雪中の車

寒い日の朝、エンジンをかけてもなかなかエアコンから暖かい風は出てこないですよね。PTCヒーターはこんな時でもすぐに暖かい風を送り出すことができます。

そのため、フロントガラスの霜などを素早く融かすことができ、これにより暖機運転の時間が短くなるので燃料の消費を抑えることができます。

リアフォグランプ

霧などで視界が悪い時、後方車両に向けてリアフォグランプを点灯することで自車の存在を知らせることができます。普段はあまり使うことはないですがカッコいいですよね。

215/50R80タイヤ&18インチアルミホイール

設定:Gグレード
83,600円

個人的な好みもありますが、デザインとやはりこの価格が魅力!

アルミホイールが83,600円では普通手に入りません。メーカーオプションのアルミホイールはデザインが良ければ大変オススメです。

ちなみに「Xグレード」で選べる
205/65R16タイヤ&16インチアルミホイール
60,500円

こちらも選ぶ価値ありです。

トヨタチームメイト


設定:ハイブリッド全車
77,000~93,500円

寒冷地仕様とセットなら5,500円引きになる「トヨタチームメイト」

アドバンストパークで駐車をスムーズに支援してくれます。駐車したいスペースの横に停車後、アドバンストパークスイッチを押して駐車位置を確認。その後、開始スイッチを押すと、カメラとソナーによって周囲を監視しながら、ステアリング・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車操作をアシストしてくれます。

本当に簡単にできます。駐車が苦手な人は是非お選びください。

パノラミックビューモニター

X-Bパッケージ以外のグレードで選択可
33,000~49,500円
(ブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックオートブレーキと同時装着で5,500円引)

ヤリスクロスはディスプレイオーディオなので、ナビを付けなくてもモニターが標準装備のため、この価格でより高い安全を買えます。上から見たような映像が表示されたり、見通しの悪い交差点などはワイドフロントビューで確認ができます。

ブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックオートブレーキ

設定:Z G
49,500円
寒冷地仕様と同時装着で5,500円引き
トヨタチームメイトと同時装着で5,500円引き
パノラマミックビューモニターと同時装着で5,500円引き

隣の車線を走る車両をレーダーで検知し、車両の存在をミラーに表示してくれる「ブラインドスポットモニター」

最大60M後方までモニターし、急接近してくる車両も検知します。

また、駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両をレーダーで感知し、インジケーター点滅とブザーでドライバーに注意喚起してくれます。衝突の危険性があるときはブレーキ制御も行います。

アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)

設定:ハイブリッドのみ
44,000円
(スペアタイヤと同時装着不可)

コンセント(AC100V・1500W)をラゲージルームに設置。災害時などによる非常時に電力が必要なとき給電できます。

今流行りのキャンプでも活躍しそうですね。

スポンサーリンク

その他オススメオプション編

ここからは、ヤリスクロスをもっと便利にするトヨタ純正品ではないオプションのご紹介です。純正でないからといって侮ることなかれ。トヨタだと作れない、だけど便利なものばかりです。

走行中TVが見れるキット

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

これは鉄板ですね。走行中にTVが見えて更にナビ操作もできるキットです。

今や取り付けない人はいないのではないでしょうか?付けておいて損はない商品です。

LEDルームランプセット

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

純正オプションではモデリスタの「LEDルームランプセット(面発光タイプ)」22,000円しかなく、ルームランプとラゲージルームランプの二つのみです。この価格で工具まで付いてくるので自分で取り付けることも可能です。

ハザードキット

道を譲ってもらったり、あいさつの際のサンキューハザードや、高速渋滞などハザードを点滅させる場面がありますが、

・ハザードスイッチを押して点滅が終わった後再度押す必要がある。
・ステアリングから左手を離す必要がある。
・ハザードスイッチが押しにくい位置にある。

というような不便さや安全性の問題があります。このキットを装着すると安全・スマートにハザードを点滅させることが出来ます。純正スイッチ(LDA)を使用するため、後付感がありません。

短押:サンキューハザード・・・ハザードが3回点滅します。

短押(2回):高速渋滞ハザード・・・ハザードが点滅します。再度スイッチを押すと消灯します。

これは便利ですよね。

オートホールドキット

\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

非常に便利な装備である「ホールドブレーキシステム」がヤリスクロスには装備されている。
信号待ちや、渋滞時など、車が停止中にブレーキが固定(ホールド)され、ブレーキペダルから足を離せ、しかもアクセルオンでスムーズに発進できる。ブレーキペダルをずっと踏み続けたり、信号が変わって慌てて足を踏み変える、なんてことからオサラバできるとても便利な機能ですが、ただ一つ難点が… エンジンを切ってしまうとホールド機能がOFFになり、次回運転する時またスイッチを入れなくてはならないんです。それを解除できるキットがこの「オートブレーキホールドキット」です。絶対便利なので是非ご一考を。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「寒冷地仕様」は特にオススメです。今までそんな機能があるクルマに乗ってなかったし必要ないのでは・・・と思わずに前向きに検討してみてください。

今まで以上に快適なカーライフが、ヤリスクロスのドライブをより楽しいものにしてくれるはずです。

ヤリスクロスについて

ヤリスクロスについて詳しく!

2020年に登場したのは、ヤリスに続くGA-Bプラットフォーム採用の第二弾車種です。開発はトヨタ自動車のヨーロッパ拠点が手がけましたよ。ヤリスとは違って、この車は居住性や荷室空間など、SUVらしいユーティリティ性能を重視して開発されました。ボディーサイズもヤリスと比べると、全長・全幅・全高がそれぞれ240 mm・20 mm・90 mmずつ拡大され、広い室内スペースが確保されています。

エンジンには1.5リッター直3エンジンが搭載されていて、発進用ギア付きCVT (Direct Shift-CVT) と組み合わせたり、THSの2種類があります。駆動方式は前輪駆動と四輪駆動の2種類がありますよ。リアサスペンションもヤリス同様、前輪駆動モデルはトーションビーム式、四輪駆動モデルはリアデフを車体側にマウントしたダブルウィッシュボーン式です。

ガソリン仕様の四駆システムでは、『ダイナミックトルクコントロール4WD』が標準装備されています。さらに、『マルチテレインセレクト』を使って、マッド&サンド、ノーマル、ロック&ダートの3つの走行モードを選択できます。ハイブリッド仕様の四駆も同様で、『E-Four』(欧州名『AWD-i』)と『TRAILモード』がありますよ。どちらの仕様も、滑りやすい路面での降坂時に車速を一定に保つ『ダウンヒルアシストコントロール』も備えています。

ジュネーブ国際モーターショーでの披露はCOVID-19の影響で中止になり、代わりにオンラインでの世界初公開が行われました。日本では2020年8月31日に発売され、欧州では2021年半ばの発売が予定されています。このモデルは欧州向けに開発されたものでしたが、豊田章男社長の一言がきっかけで日本市場にも導入されることになりました。

トヨタ寒冷地仕様
スポンサーリンク
人気記事はこちら
人気のカローラクロスを一番お得に手に入れる方法はどれ?現金払い・残クレ・KINTOを徹底解剖!新しい買い方をしっかり理解して、格安でカローラクロスを手に入れよう。
タカシンブログ

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]