ハリアーに寒冷地仕様は本当に必要か?【ハリアーの寒冷地仕様を徹底解剖】

クルマの買い方

2022年10月15日更新

 ディーラーで見積りをすると「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」という言葉を耳にするはずです。ディーラーオプションは工場で生産された後にディーラーで取り付けるオプションです。そのため納車後にも注文して取り付けることができます。 

しかし、メーカーオプションはそうはいきません。発注時に選んでおかないと後からは取り付けることはまずできません。もし出来たとしても相当な費用がかかりますし、その部分は保証対象外となります。 

そのためメーカーオプションの選択は慎重に行わなければなりません。 

 ハリアーもメーカーオプションはたくさんありますが、その中に「寒冷地仕様」というものがあるのをご存じでしょうか? 

 カタログにはこう記載されています。 

寒冷地仕様(ウィンドシールドデアイサーなど)

ディーラーに勤めて20年以上の私は今までにさまざまな車種でこの寒冷地仕様の必要性について解説してきましたが、このハリアーについてはどうでしょうか?

この記事では、ハリアーの寒冷地仕様を選択すると具体的にどのような装備が追加になるか解説します。カタログにも載っていません。ハリアーに寒冷地仕様を付けるべきかどうかが分かります。 

ハリアー:トヨタ自動車より引用

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
タカシン

陰キャな性格なのにカーディーラーの営業マンに・・・
売り込まないセールスで支店長まで登りつめる。20年以上培った営業とクルマの知識を活かして、役立つ情報を発信中。

タカシンをフォローする

 寒冷地仕様の価格 

  • S   33,000円(税込み) 
  • S以外 17,600円(税込み)

一番安いグレード以外は17,600円とかなり安い価格設定となっています。例えばカローラクロスの寒冷地仕様は34,100~57,200円で、ハリアーの寒冷地仕様の価格と大きな違いがあります。

スポンサーリンク

 寒冷地仕様を選ぶと何が変わる? 

装備標準仕様寒冷地仕様
冷却水(LLC)LLC30%LLC50%
ウィンドシールドデアイサーなしあり
フロントドアガラス(Sのみ他グレードは標準装備)UVカット機能付き・撥水機能なしスーパーUVカット・IRカット機能・撥水機能付き
ウォッシャータンク2.5L4.8L
LEDリアフォグランプなしあり

たくさんあるが中でも注目すべき項目を詳しく解説します。 

ウィンドシールドデアイサー 

図1の赤いラインの部分に熱線が入ります。冬場の朝にフロントガラスが凍り付いてしまっている経験は誰もがあるはずです。フロントガラスとワイパーが凍結で動かなくならないように素早く融かしてくれます。

スーパーUVカット・IRカット機能・撥水機能付きフロントドアガラス

 

Sグレードのみ追加になる機能です。寒冷地仕様の価格の差はこの機能にあります。その他のグレードは標準装備になっているためです。

UVカット機能は全ガラスに入っています。カット率は90~99%です。IRカット機能が付くと真夏のジリジリとした日差しをやわらげエアコンの効きもよくなります。

リアフォグランプ 

 霧・雪・雨などなより視界が悪いときに自分のクルマの存在を後続車に知らせるために光ります。赤色灯です。

まとめ 

いかがだったでしょうか?
この高級SUVハリーに関しては、S以外のグレード選択の方にはあまりメリットがないことが分かります。標準で装備されているものがほとんどのためです。

他のトヨタ車では寒冷地仕様を付けることで、リアヒーターダクトやヒーター付きドアミラーになったり、シートヒーターが付くものもあります。

ハリアーには寒冷地仕様はなくても困らない!

寒冷地仕様は雪国で使用される場合は選択すべきオプションです。

しかし、実際ウィンドシールドデアイサーぐらいしかメリットがありません。雪がほとんど降らない地方では出番がほとんどないでしょう。Sグレードをご検討の方は撥水機能付きガラスなど一考してみる価値はあります。

メーカーオプションは後付けが困難なオプションです。しっかり検討して後悔のない買い物にしてもらえたら幸いです。

クルマの買い方
スポンサーリンク
人気記事はこちら
人気のカローラクロスを一番お得に手に入れる方法はどれ?現金払い・残クレ・KINTOを徹底解剖!新しい買い方をしっかり理解して、格安でカローラクロスを手に入れよう。
タカシンブログ

コメント