アクア4位へ|新車販売ランキング2021年8月、今売れてる人気車をチェック!

ランキング

アクア4位へ|新車販売ランキング2021年8月、今売れてる人気車をチェック!

トヨタアクア4位に浮上

出典:トヨタ自動車より引用

 

 

新型車もいろいろ出ているけど、今は何が人気なんだろう・・・

新車の検討を始めたアナタが最初にすべきことは、今何が売れているか知るところからです。

今や自動車業界はものすごいスピードで変化しています。クルマの進化が目まぐるしくなってます。要は一年も経てば新しい装備がどんどん入ってきてるということです。

クルマにはセダンやミニバン、SUVなどと種類がたくさんあります。それにメーカーごとに安全装備や先進機能の違いがあります。更に同じメーカーの車種の中でも機能に差があります。

高い買い物だから失敗したくないわ。

久しぶりに新車の検討を始めたあなたには分かりづらいですよね。しかもたくさんあるメーカーや車種を一つ一つ調べる時間も手間も惜しいですよね。

この記事を見れば、新車の流行を知ることが出来ます。2021年8月の新車販売ランキングから人気の理由を紐解きます。また、先進装備や今後の新型車情報についても解説します。あなたの新車選びの負担を軽減でき、損をしない、失敗しない新車購入ができるようになります。是非、参考にしてください。
一円でも安く新車を買いたい方必見!ディーラー側の視点から新車販売の儲けの仕組みを大解剖。下取車もうまく活用して誰よりもお得に新車を手に入れる交渉術を手に入れることができます。そんな目からウロコな情報はコチラから
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
タカシン

陰キャな性格なのにカーディーラーの営業マンに・・・
売り込まないセールスで支店長まで登りつめる。20年以上培った営業とクルマの知識を活かして、役立つ情報を発信中。

タカシンをフォローする

2021年8月 新車乗用車販売ランキング

2021年8月 乗用車販売ランキング
車名メーカー販売台数
1位ヤリストヨタ18,476
2位ルーミートヨタ10,347
3位アクアトヨタ9,442
4位ノート日産7,157
5位カローラトヨタ7,108
6位アルファードホンダ6,483
7位ライズトヨタ5,920
8位フリードホンダ5,200
9位ハリアートヨタ4,987
10位ヴェゼルホンダ4,404
11位セレナ日産4,303
12位ヴォクシートヨタ4,243
13位フィットホンダ4,122
14位RAV4トヨタ3,825
15位プリウストヨタ3,793
16位シエンタトヨタ3,351
17位ノアトヨタ3,080
18位ステップワゴンホンダ29,087
19位ソリオトヨタ2,840
20位MAZDA2マツダ2,567
21位ランドクルーザーWトヨタ2,562
22位パッソトヨタ2,362
23位キックスダイハツ2,152
24位インプレッサスバル2,152
25位レヴォーグスバル1,825
26位オデッセイホンダ1,635
27位ロッキーダイハツ1,507
28位デリカD5三菱1,437
29位C-HRトヨタ1,304
30位リーフ日産1,282
31位クラウントヨタ1,244
32位CX-5マツダ1,228
33位フォレスタースバル1,166
34位スイフトスズキ1,020
35位トールダイハツ996
36位MAZDA3マツダ890
37位カムリトヨタ863
38位シャトルホンダ844
39位エクストレイル日産820
40位CX-8マツダ771
41位CX-30マツダ760
42位エスクァイアトヨタ730
43位クロスビースズキ702
44位CX-30マツダ689
45位UX250Hレクサス683
46位マーチ日産678
47位シビックホンダ672
48位ハイエースワゴントヨタ629
49位ロードスターレクサス592
50位ジムニーワゴンレクサス553

出典:一般社団法人日本自動車販売協会連合会

トップ10内に7車種もランクインしているトヨタ車。しかもコンパクトカーからミニバン、SUVと様々なジャンルでランクインしている。

  • コンパクトカー ヤリス ルーミー アクア
  • ミドルサイズ  カローラ
  • ミニバン    アルファード
  • SUV     ハリアー ライズ
ほとんどのジャンルでトヨタを選んでおけば間違いはない!
ここからは、トヨタが人気のヒミツを更に深堀していきます。

トヨタが選ばれている理由

そもそも国内トップのシェアを誇るトヨタですが、昨年のコロナ禍にあっても販売は絶好調です。今年に入ってもその勢いは衰えません。このトヨタ車の強さの理由は3つあります。
  1. 安全装備の充実
  2. クルマの通信機能
  3. 値引きが増えている
1.安全装備の充実
かつては、自動ブレーキ技術が遅れていると言われていたトヨタ車ですが、ここ数年で一気に躍進しました。バック時、動く車両に対しても自動ブレーキが作動する、リアクロストラフィックオートブレーキも当たり前のように付いている。(車種によってはオプションとなる)
また、ヤリス・ヤリスクロス・MIRAI・新型アクアにはアドバンストパークという自動駐車機能を付けることができるのも見逃せない。操作が簡単で、駐車位置を記憶させることもできる。縦列駐車もこの高度運転支援システムのおかげで安心にできます。
スバルやホンダも自動運転技術に関してはトヨタを凌駕する部分もありますがごく一部の車種に限られています。マツダも安全装置は整っていますが、多くの車種でバランスの取れた安全装置がついていることがトヨタの人気に繋がっています。
2.クルマの通信機能
今、トヨタ車はディスプレイオーディオが標準装備になっています。これは読んで字のごとく、オーディオにディスプレイが付いたもの。ラジオとBluetooth、そしてスマホと連動させて使うcarplayが使える。テレビは契約をすれば見れるようになります。
carplayはApple Car PlayとAndroid Autoを使用することができる。ナビをオプションで装着することなくスマホのナビアプリをディスプレイに映し出して使うことができる。
ディスプレイオーディオの一番の特徴はクルマ自身が通信をすることです。ほとんどの車種で5年間無料で使えます。スマホでクルマを管理もでき、離れたところからドアロックなどのクルマの状態を確認できたり、位置を確認したり、車種は限定されますがリモートスタート機能をつけたりもできます。
ヘルプネットも使えるので、もしもの時はセンターと会話ができます。また、警告灯が点灯してクルマの異常を察知すると逆にセンターから連絡がきて対処法を教えてくれたりもします。トヨタではこれらの機能のことを「コネクテッド」といいます。
他のメーカーでは、マツダの「マツダコネクト」、ホンダの「ホンダコネクト」、日産の「Nissan Connect」など各社サービスは存在します。しかしトヨタのようにほぼ全グレードとはなってなく、一部のグレードだったりオプション設定だったりします。徹底度合いが違います。
トヨタのディスプレイオーディオの唯一の欠点はiPhoneでミラーリングできない点です。そんな悩みを解決できる方法がありました。色々ある方法の中で、一番お得に安心にスマートにつけられる商品をご紹介します。気になる方はコチラから
3.値引きが増えている
2020年5月から、オールトヨタで全車種が取り扱えるようになりました。カローラ店でもネッツ店でも選べる車種が同じになりました。我々ユーザー側にとっては、分かりやすくて喜ばしいことですが、トヨタ系ディーラーにとっては嬉しいことばかりではないようです。
昨年は、トヨタ独り勝ちだったこともありますが、トヨタのライバルはトヨタの構図が出来上がってしまいました。要はトヨタ同士での争いがより増えたということです。
それにより、全国で値引き合戦が激化し、大幅値引きが出ていると報告が相次いでます。
もっと簡単にYouTubeやNetflix、Amazonプライムビデオを見たい・・・そんな願いを叶える商品が出ました!今人気急上昇中で納期もかかっています。取付も不要で本当にカンタン。詳しく知りたい方はコチラ>>トヨタ|ディスプレイオーディオで簡単にYouTubeやNetflixを見る方法

半導体不足に部品調達困難が重なり納期が長期化

世界的な半導体不足に、東南アジアを中心に新型コロナウィルス感染症によるロックダウンにより生産工場が停止。部品調達が困難になり、自動車生産が不安定になっています。10月の生産も減産する状況です。
新車をご検討の方は、早めに動くことをオススメします。あまりギリギリに動き出すと選びしろが少なくて後悔するかもしれません。トヨタ車はメーカーのHPで車種ごとの現在の納期を知ることができますので、事前に調べておきましょう。

 

ランキング
人気記事はこちら
人気のカローラクロスを一番お得に手に入れる方法はどれ?現金払い・残クレ・KINTOを徹底解剖!新しい買い方をしっかり理解して、格安でカローラクロスを手に入れよう。
タカシンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました