今売れている新車はコレだ!失敗しない新車選び【2021年5月新車販売ランキング】

クルマの買い方

今売れている新車はコレだ!失敗しない新車選び【2021年5月新車販売ランキング】

車も古くなってきたし、そろそろ新しいクルマに買い替えようか・・・

新車の検討を始めたアナタがまずすべきことは、今何が売れているか知るところからです。

今や自動車業界はものすごいスピードで変化しています。クルマの進化が目まぐるしくなってます。要は一年も経てば新しい装備がどんどん入ってきてるということです。

クルマにはセダンやミニバン、SUVなどと種類がたくさんあります。それにメーカーごとに安全装備や先進機能の違いがあります。更に同じメーカーの車種の中でも機能に差があります。

今の流行りは何だろう?どの装備が重要なのかな?

久しぶりに新車の検討を始めたあなたには分かりづらいですよね。しかもたくさんあるメーカーや車種を一つ一つ調べる時間も手間も惜しいですよね。

この記事を見れば、現時点での新車の流行を知ることが出来ます。最新の新車販売ランキングから人気の理由を紐解きます。また、先進装備や今後の新型車情報についても解説します。あなたの新車選びの負担を軽減でき、損をしない、失敗しない新車購入ができるようになります。是非、参考にしてください。
一円でも安く新車を買いたい方必見!ディーラー側の視点から新車販売の儲けの仕組みを大解剖。下取車もうまく活用して誰よりもお得に新車を手に入れる交渉術を手に入れることができます。そんな目からウロコな情報はコチラから
2021年5月新車販売ランキング(乗用車)
2021年5月乗用車販売ランキング
車名メーカー販売台数
1位ヤリストヨタ16,660
2位ルーミートヨタ11,597
3位カローラトヨタ7,493
4位ハリアートヨタ6,313
5位ライズトヨタ6,268
6位ノート日産5,962
7位アルファードトヨタ5,947
8位ヴォクシートヨタ5,066
9位RAV4ホンダ4,784
10位フリードホンダ4,409
11位ヴェゼルホンダ4,060
12位シエンタトヨタ3,908
13位セレナ日産3,460
14位プリウストヨタ3,194
15位ソリオスズキ3,159
16位ノアトヨタ3,134
17位アクアトヨタ2,968
18位パッソトヨタ2,698
19位ランドクルーザーWトヨタ2,447
20位キックス日産2,302
21位インプレッサスバル2,291
22位ステップワゴンホンダ2,118
23位フィットホンダ2,032
24位スイフトスズキ1,997
25位オデッセイホンダ1,504
26位クラウントヨタ1,460
27位ロッキーダイハツ1,394
28位MAZDA2マツダ1,344
29位C-HRトヨタ1,320
30位フォレスタースバル1,291
31位レヴォーグスバル1,095
32位クロスビースズキ1,077
33位CX-8マツダ1,055
34位ジムニーワゴンスズキ1,019
35位MAZDA3マツダ967
36位シャトルホンダ912
37位トールダイハツ889
38位CXー30マツダ866
39位エスクァイアトヨタ863
40位CXー5マツダ830
41位UX250Hレクサス768
42位ハイエースワゴントヨタ705
43位エクリプスクロス三菱673
44位エクストレイル日産656
45位カムリトヨタ646
46位デリカD5三菱619
47位マーチ日産570
48位RX450Hレクサス429
49位ヴェルファイアトヨタ487
50位ES300Hレクサス441
ランキングから読み取れること
トップ10内に8車種もランクインしているトヨタ車。しかもコンパクトカーからミニバン、SUVと様々なジャンルでランクインしている。
  • コンパクトカー ヤリス ルーミー
  • ミドルサイズ  カローラ
  • ミニバン    アルファード ヴォクシー
  • SUV     ハリアー RAV4 ライズ
ほとんどのジャンルでトヨタを選んでおけば間違いはない!
ここからは、トヨタが人気のヒミツを更に深堀していきます。
トヨタが選ばれている理由
そもそも国内トップのシェアを誇るトヨタですが、昨年のコロナ禍にあっても販売は絶好調です。今年に入ってもその勢いは衰えません。このトヨタ車の強さの理由は3つあります。
  1. 安全装備の充実
  2. クルマの通信機能
  3. 値引きが増えている
1.安全装備の充実
かつては、自動ブレーキ技術が遅れていると言われていたトヨタ車ですが、ここ数年で一気に躍進しました。バック時、動く車両に対しても自動ブレーキが作動する、リアクロストラフィックオートブレーキも当たり前のように付いている。(車種によってはオプションとなる)
また、ヤリス・ヤリスクロス・MIRAIにはアドバンストパークという自動駐車機能を付けることができるのも見逃せない。操作が簡単で、駐車位置を記憶させることもできる。縦列駐車もこの高度運転支援システムのおかげで安心にできます。
スバルやホンダも自動運転技術に関してはトヨタを凌駕する部分もありますがごく一部の車種に限られています。マツダも安全装置は整っていますが、多くの車種でバランスの取れた安全装置がついていることがトヨタの人気に繋がっています。
2.クルマの通信機能
今、トヨタ車はディスプレイオーディオが標準装備になっています。これは読んで字のごとく、オーディオにディスプレイが付いたもの。ラジオとBluetooth、そしてスマホと連動させて使うcarplayが使える。テレビは契約をすれば見れるようになります。
carplayはApple Car PlayとAndroid Autoを使用することができる。ナビをオプションで装着することなくスマホのナビアプリをディスプレイに映し出して使うことができる。
ディスプレイオーディオの一番の特徴はクルマ自身が通信をすることです。ほとんどの車種で5年間無料で使えます。スマホでクルマを管理もでき、離れたところからドアロックなどのクルマの状態を確認できたり、位置を確認したり、車種は限定されますがリモートスタート機能をつけたりもできます。
ヘルプネットも使えるので、もしもの時はセンターと会話ができます。また、警告灯が点灯してクルマの異常を察知すると逆にセンターから連絡がきて対処法を教えてくれたりもします。トヨタではこれらの機能のことを「コネクテッド」といいます。
他のメーカーでは、マツダの「マツダコネクト」、ホンダの「ホンダコネクト」、日産の「Nissan Connect」など各社サービスは存在します。しかしトヨタのようにほぼ全グレードとはなってなく、一部のグレードだったりオプション設定だったりします。徹底度合いが違います。
トヨタのディスプレイオーディオの唯一の欠点はiPhoneでミラーリングできない点です。そんな悩みを解決できる方法がありました。色々ある方法の中で、一番お得に安心にスマートにつけられる商品をご紹介します。気になる方はコチラから
3.値引きが増えている
2020年5月から、オールトヨタで全車種が取り扱えるようになりました。カローラ店でもネッツ店でも選べる車種が同じになりました。我々ユーザー側にとっては、分かりやすくて喜ばしいことですが、トヨタ系ディーラーにとっては嬉しいことばかりではないようです。
昨年は、トヨタ独り勝ちだったこともありますが、トヨタのライバルはトヨタの構図が出来上がってしまいました。要はトヨタ同士での争いがより増えたということです。
それにより、全国で値引き合戦が激化し、大幅値引きが出ていると報告が相次いでます。
今後の注目車種
2021年度も各メーカーから新型車が発売予定だが、たちまちは既に発売したホンダ「ヴェゼル」が注目株だろう。受注は好調で納車はもう来年だとか。5月の販売ランキングも11位に位置している。今後の動向も気になるところです。
また、日産「アリア」も発表になりました。EV車ということでこちらも注目株です。
7月にはトヨタ「アクア」がフルモデルチェンジをします。早ければ今月より予約が開始されるかもしれません。廃版のうわさもあったアクアが長い時を経てようやくモデルチェンジということで人気が出る可能性大です。
その他にも、「ランドクルーザー」「カローラクロス」「エクストレイル」「アウトランダー」「WRX」などぞくぞくと新型が発売予定です。
半導体不足で納期が長期化
世界的な半導体不足の影響もあり、自動車生産が不安定になっています。どのメーカーも納期が長期化し3ヶ月待ちは当たり前の状態となっています。
新車をご検討の方は、早めに動くことをオススメします。あまりギリギリに動き出すと選びしろが少なくて後悔するかもしれません。トヨタ車はメーカーのHPで車種ごとの現在の納期を知ることができますので、事前に調べておきましょう。
軽自動車販売ランキング
2021年5月軽自動車販売ランキング
車名メーカー販売台数
1位N-BOXホンダ14,215
2位スペーシアスズキ10,479
3位タントダイハツ8,049
4位ムーヴダイハツ7,788
5位ハスラースズキ7,119
6位ルークス日産6,142
7位アルトスズキ5,832
8位ミラダイハツ4,700
9位タフトダイハツ4,388
10位デイズ日産3,908

軽自動車の販売ランキングも掲載しておきます。

カーボンニュートラルの風もあり、どのメーカーもハイブリッド車の販売が伸びています。その反面クリーンディーゼルは厳しいようです。電動化であるハイブリッド優勢の状態は今後も続くと思われます。

日産アリアをはじめとしたEV車も増えてくきますが、インフラや航続距離、そして価格面でまだ主流になるまでは時間がかかりそうです。

ヤリスクロスやヴェゼル、ハリアーといったSUV人気も、まだしばらく続きそうです。皆さんの新車選びが後悔のない満足いくものになることを祈っています。

クルマの買い方ランキング
スポンサーリンク
人気記事はこちら
人気のカローラクロスを一番お得に手に入れる方法はどれ?現金払い・残クレ・KINTOを徹底解剖!新しい買い方をしっかり理解して、格安でカローラクロスを手に入れよう。
タカシンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました