2020年上期・新車販売台数ランキング【乗用車】

NEWS

一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)から、2020年1~6月における車名別新車販売台数(軽自動車を除く)が発表されました。

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
タカシン

陰キャな性格なのにカーディーラーの営業マンに・・・
売り込まないセールスで支店長まで登りつめる。20年以上培った営業とクルマの知識を活かして、役立つ情報を発信中。

タカシンをフォローする

2020年度上期の新車販売台数は前年比80.1%

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で大幅に減少。本年度上期新車販売台数は1,198,424台(前年1,496,302台)の対前年80.1%。月別は以下の通り。

販売台数   (前年比)
1月 192,821台(88.5%)
2月 233,155台(89.3%)
3月 321,865台(90.1%)
4月 144,674台(72.5%)
5月 123,781台(58.2%)
6月 182,128台(73.4%)
出典:一般社団法人 日本自動車販売協会連合 (軽自動車は除く)

緊急事態宣言が出た4月から大幅なダウンとなりました。

スポンサーリンク

2020年上期 メーカー別新車販売台数ランキング

 メーカー     本年累計      前年比
1位 トヨタ 685,802台(85.6%)
2位 ホンダ 145,975台(73.8%)
3位 日産  132,981台(64.8%)
4位 マツダ   72,816台(86.7%)
5位 スズキ   50,460台(75.6%)
6位 スバル   42,768台(76.2%)
7位 ダイハツ  30,894台(146.8%)
8位 三菱    13,362台(53.6%)
出典:一般社団法人 日本自動車販売協会連合 (軽自動車は除く)

メーカー別にみても、ダイハツ以外は大幅にダウン。日産は昨年2位から3位に後退。前年比64.8%と大きく減少している。唯一販売台数を伸ばしたダイハツは、昨年発売された『ロッキー』の販売好調によるもの。各社、新型コロナウィルス感染症の影響を大きく受けた結果となりました。

車名別新車販売台数ランキング

1位 ライズ    トヨタ 58,492台
2位 カローラ   トヨタ 57,235台
3位 フィット   ホンダ 50,029台
4位 ヤリス    トヨタ 48,129台
5位 ノート    日産  41,707台
6位 シエンタ   トヨタ 40,194台
7位 フリード   ホンダ 38,844台
8位 ルーミー   トヨタ 37,622台
9位 プリウス   トヨタ 36,630台
10位 アルファード トヨタ 36,597台
出典:一般社団法人 日本自動車販売協会連合 (軽自動車は除く)

昨年11月に発売された新型SUV『ライズ』が1位。今年の上期はフルモデルチェンジした車種が食い込んできて、大きく変動しました。新型コロナウィルスの影響で大幅に減少した新車販売台数の回復を後半は期待したいですね。

 

 

NEWS
スポンサーリンク
人気記事はこちら
人気のカローラクロスを一番お得に手に入れる方法はどれ?現金払い・残クレ・KINTOを徹底解剖!新しい買い方をしっかり理解して、格安でカローラクロスを手に入れよう。
タカシンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました